日時:令和2年2月6日(木)
参加者:5名(男性2名、女性3名)

学生さんが4日間日替わりで複数の企業をツアー形式で訪問し、仕事現場を体感するプログラム「あいのりインターン」。今回のインターンでは、5名の学生さんを受け入れいたしました。

あいのりインターンスタート!

朝の集合時間は8時30分。会社の就業開始時間と一緒です。
学生さん5名と弊社の担当リクルーターとの顔合わせや自己紹介ののち、さっそくインターンのスケジュールがスタートです。

ドキドキの名刺交換。よろしくお願い致します!社長もつられて緊張気味。

午前中はカンサイホールディングス社長の忍田との座談会や会社説明会、倉庫見学を行いました。
座談会では、初めは緊張していた様子だった学生さんたちでしたが、時間が経つにつれ笑顔もみられるようになり、積極的に質問が飛び交いました。みなさんが熱心にメモを取りながら真剣に話を聞いていた姿が印象的でした。

会社説明会と倉庫見学では、事業概要や仕事内容の説明を行い、実際に取り扱い商品を見ることでカンサイがどのような仕事をしているのかについてお伝えしました。

リクルーターによる会社説明会の様子。事業概要や仕事内容について、理解を深めます。

ようやくランチタイム!

午前中のスケジュールが終了すると、学生さんとリクルーター全員でファミレスにて昼食タイム。
和やかに食事を楽しみながら、就職活動のことや仕事のことなど、学生さんからの質問にリクルーターがなんでも答える交流の場となりました。

営業同行でお客様とドキドキの接触!

そして午後からはリクルーターとの営業同行です。
普段は営業職として活躍しているリクルーター。日々自分の担当のお客さまを訪問し、元気な挨拶や世間話を交わしながら、信頼関係を築いていっています。
そんなリアルな仕事の様子を体感してもらうため、リクルーターとともに2件の得意先を訪問しました。

体験してみた感想

avatar
大学3年生(男性)
入社5年目の方の営業に同行させてもらったのだが、とても気を遣って下さり、当初の予定と変更して納品や営業や各事務所での在庫管理など色々な面を見せて下さり、優しい人柄を垣間見ることができた。
avatar
大学3年生(女性)
2社建築関係の会社への同行をさせていただき、その際取引先の御相手がインテリア関係は女性が多いので、営業に女性の方が居てくれた方が嬉しいし安心すると仰っていたのを聞いて、今までは営業といえば男性といったイメージがやはり強かったですが、今後女性が営業としてそういった業界で活躍できるのではないだろうかと思いました。
avatar
大学3年生(女性)
忍田社長にとって、会社の魅力は社員だと即答していたことが特に印象に残っています。社員がいるからこそ会社は発展していき、成り立つことができているということや、株式会社カンサイで働いて嬉しいことが社員が頑張っていること、反対に一番辛いことが、信頼して様々な仕事を任せていた社員に裏切られることと仰っていて、忍田社長は社員のことを本当に大切に思っているのだと感じられました。
avatar
大学3年生(女性)
営業同行で仕事についてキラキラとした印象の話だけでなく、リアルなカンサイの大変な部分まで全て答えてくれたことが心に刺さりました。今までのインターンでは答えづらい質問に対して濁した答えで返されることがあり、自分の会社のイメージが壊れないために嫌な部分は言わないのかなと思っていました。ですが、今日の営業同行中に聞いたら「噓をつきたくないから、正直いうけど…」と社員の人が感じるリアルな大変さを聞くことができました。
avatar
大学3年生(男性)
忍田社長と座談会の場を用意していただき、社長ご本人から我々の質問に真摯にお答えしていただいた事が一番心に刺さりました。内容としては、カンサイさんが何を大切にしているのかという問いに対し「社員です!」と間をおかずに即答された事や、若手のやる気に対し、支店長や子会社の社長という地位を与えて、社会で対等に力を発揮できるポジションを与えて支えるなど、社員さんをとても大事にされている事が伝わってきました。

リクルーターからメッセージ

丸1日しっかりとインターンに取り組んでくださった学生のみなさん!
このインターンをきっかけに、カンサイという会社や電気設備資材の卸売業界、商社、営業職の仕事内容について、興味を持ってくださったら幸いです。