学校・工場・図書館・ホール…人の集まる場所に。クラスターを発生させない備えを。

最大30人を同時測温できる固定カメラ型と、設定不要なハンディタイプのAI検温サーモカメラに加え、顔認証で他システムとの連携が可能なサーマルデバイスをご提案いたします。

コロナ対策AI検温サーモカメラ

サーモカメラを用いて発熱者を検知。インフルエンザやコロナウイルスなどの感染拡大防止に効果を発揮します。

AIサーモカメラの特徴

高効率

顔を検知してから1秒ほどで温度測定が可能です。温度確認が必要な場所にサーマルカメラを設置することで、人の流れを止めることなくスムーズな測定を行うことができます。

安全性

非接触式で温度測定を行うことができ、数メートル離れた場所から正確に温度を測定することができます。そのため、物理的接触による感染リスクを軽減することができます。

高精度

人間の温度測定に特化したカメラであり、測定精度±0.5℃での測定が可能です。発熱を検知することで、パソコン上でのアラームや、カメラ本体による発光、警告音を出すことができます。

すでに世界130万台の納入実績

製品ラインナップ

お得なパック特価でお届けします

ドーム型固定

425,000円

Pricing Table Image

・固定カメラドーム型
・取付金具
・専用三脚
・ノートパソコン
・専用PoEハブ

  • 正興電機製作所製

BOX型固定

425,000円

Pricing Table Image

・固定カメラBOX型
・取付金具
・専用三脚
・ノートパソコン
・専用PoEハブ

  • 正興電機製作所製

ハンディタイプ

85,000円

Pricing Table Image

ハンディ型カメラ

  • 正興電機製作所製
ご確認ください

①上記表示価格は税抜きとなります。
②送料及び梱包料は別途となります。
③セット品に必要なLANケーブルx2本は含まれておりません。
④上記、機器価格となります。組立・設定調整費用は含まれておりません。

固定カメラタイプのソリューション例

【製品構成例】
(1)固定カメラタイプ
  + 三脚 + 取付金具
(2)iVMS-4200 + PoEスイッチ
  + パソコン

メリット
■ 1.5~2.5mの距離で測定可能
■ 最大30人の同時測温が可能
■ AIでの顔検出機能搭載
■ カメラ本体による警報音、発光が可能
■ 監視ソフトでの発報が可能
■ 測定精度:±0.5℃

ハンディタイプのソリューション例

【製品構成例】
ハンディタイプ + 三脚

メリット
■ 1~1.5mの距離で測定可能
■ 操作画面が簡単で使いやすい
■ 測定精度:±0.5℃
■ 最大8時間の連続稼働が可能
■ 画面キャプチャを保存可能
※ 三脚はオプションとなります

顔認証サーマルデバイス

新型ウイルス・インフルエンザ対策に。サーモカメラを用いて体表面温度を測定 発熱者を素早く検知

  • 素早い測定
    • 顔を検知してから1秒以内に結果を表示
  • AIを用いた顔認証
    • AI技術を搭載し、マスク越しでも認証可能
  • 他システムとの連動
    • 勤怠管理、ゲート、扉との連動可能
  • 多彩な適用場所
    • オフィス・工場・商業施設・小売店・レジャー施設・福祉施設・入場ゲート など

正興電機製作所製

ご確認ください

・本装置は体表面温度を測定するものです。
・体温計での測定結果とは異なります。
・ウイルスへの罹患を検知することはできません。

カタログダウンロード

コロナ対策AI検温サーモカメラ

顔認証サーマルデバイス

お問合せはこちらから

株式会社カンサイ エネマネ事業部
TEL092-481-9161 FAX092-481-9173

請求フォームへ

まずはお気軽にメールからお問合せください