水銀灯・蛍光灯が使えなくなります!

水俣条約により水銀を使用した製品は、2021年以降、製造、輸出、輸入が原則禁止 となります。各ランプメーカーは、2020年に水銀ランプの生産を終了します。

画像提供:Panasonic

これに加え、経済産業省「エネルギー基本計画」において 2030年までに全国の既存光源を高効率次世代照明(LED照明・有機EL照明)に更新することが掲げられ、2019年3月に照明メーカー各社が蛍光灯器具の製造を終了。蛍光灯ランプも2019年~製造中止を発表しています。

つまり! 近い将来 水銀灯ランプ・蛍光灯器具・蛍光灯ランプが、買えなくなるのです!

メーカー各社様も熱心にアナウンスされています↓ ↓ ↓

水銀灯(ランプ)生産終了について | 照明器具 | Panasonic

蛍光灯照明器具生産終了のお知らせ | 施設向け照明器具生産終了のお知らせ|Panasonic

三菱蛍光灯器具 生産中止のご案内 – 三菱電機

資料提供:三菱電機照明株式会社

施設管理者の皆さま、まずはご相談ください

何も対策を講じていないと大変なことになってしまいます。お早めのご相談をおすすめ致します。「どんな器具を選定すればいいの?」「費用や工事期間はどのくらいかかるの?」などなど、気になることはなんでもお気軽にお問合せください。

お問合せメールを送る

システム環境事業部 TEL092-414-7583