出利葉(沖学園高)大会二連覇

オーストラリアのプロゴルフ協会ツアーの出場権を懸けた「カンサイCUP オールジャパン男子学生アマチュアゴルフトーナメント2017」は29日、筑紫ヶ丘ゴルフクラブ(7017ヤード、パー72)で最終ランドが行われ、初日4位の出利葉(いでりは)太一郎(福岡・沖学園高)が70で回って2日間通算141の3アンダーで2連覇を果たした。1打差の2位にこの日69の平原颯太(福岡・常磐高)、さらに1打差の3位に阿佐和典(日大)が11月中旬に開催されるどうツアー出場権を獲得した。

目標はイチロー

出利葉が目標とするアスリートはイチローだ。米大リーグで記録と記憶に残るパフォーマンスを重ねてきた野球人。「将来は世界で戦う選手になりたい」と夢を描く16歳は、昨年に続いてオーストラリアでプロに混じってプレーする機会を得た。

初日の後半を32で回った勢いのまま、最終日前半も5番からの4連続バーディーなどで31。パットの打ち方を変え、ここ3ヶ月間練習を積んだ成果が出たという。6番パーでは10mを沈めた。15番でOBをたたくなど、後半に“貯金”を減らしたが、1打差で勝った。

7月の九州ジュニア(15~17歳)に勝ち、大学生とも戦った今大会ではただ一人2日間ともアンダーパー。「また一つ自信を得られた」と連覇を励みにオーストラリアに渡る。「昨年は3打及ばず、予選落ち。今年は決勝ラウンドに進みたい」。将来へつなぐチャレンジにする。

2017.9.30 西日本新聞 19