お得意様各位

拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、昨年末、武漢で発生した新型コロナウィルス感染症は世界中で猛威をふるい、我々の生活は一変、甚大な経済的ダメージを受けることとなりました。
ようやく九州全域、緊急事態宣言が解除され、ヒト・モノの動きはにわかに活性化してまいりましたが、完全なる終息への希望は持てない状況です。

このようななか、弊社最大のイベント「共創展(カンサイフェア)」を7月末に控え、その開催の是非について、社内で検討を重ねてまいりましたが、三密の典型である従来の開催は断念せざるを得ないという結論に達しました。
今年は40回の節目となる重要な年であり、開催の中止は苦渋の決断でありましたが、お客様、メーカー様、社員の安全を最優先に考えた結果でございます。

大変残念ではございますが、第40回記念開催へむけ、充分な準備期間ができたと前向きに捉え、今こそグループの総合力と知恵を結集し、コロナ終息後のニュー・ノーマル時代も見据えた営業活動を展開し、次回開催につなげていきたいと存じます。
皆様におかれましても、営業活動が制限されるなか、様々な対応に追われて大変な時とは存じますが、何卒主旨ご理解いただき、倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

敬 具

株式会社カンサイホールディングス
代表取締役社長 忍 田   勉